厚労省、1万人規模で抗体検査 精度に課題も

2020/5/15 16:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は新型コロナウイルスの感染歴を調べる1万人規模の抗体検査に乗り出す。感染の広がりをつかむのに役立ち、経済活動の本格的な再開に向けた判断材料になると期待される。ただ、検査キットの性能はばらつきがある。感染状況の正確な把握には、信頼できる精度のキットを見極めたうえでの調査が重要だ。

新型コロナに感染した人の体内には免疫の働きによって抗体ができる。抗体検査は少量の血液を採取して抗体の存在や量…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]