マルハニチロ、AIで養殖魚数を管理 自動で計測

2020/5/15 16:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マルハニチロは人工知能(AI)による画像処理技術を使って養殖魚の尾数を管理するシステムを導入した。これまではいけすから魚を移し替える際に手作業で尾数を数えていたが、AIを使って自動で計数作業ができるようにした。作業を効率化し、漁業でも深刻な人手不足などに対応する。

養殖用のいけすから出荷用のいけすに魚を移す際には一度に数千匹の養殖魚を数える必要がある。これまでは手動の計測器を使い、従業員が1匹ず…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]