/

この記事は会員限定です

マルハニチロ、AIで養殖魚数を管理 自動で計測

[有料会員限定]

マルハニチロは人工知能(AI)による画像処理技術を使って養殖魚の尾数を管理するシステムを導入した。これまではいけすから魚を移し替える際に手作業で尾数を数えていたが、AIを使って自動で計数作業ができるようにした。作業を効率化し、漁業でも深刻な人手不足などに対応する。

養殖用のいけすから出荷用のいけすに魚を移す際には一度に数千匹の養殖魚を数える必要がある。これまでは手動の計測器を使い、従業員が1匹ずつ数えていたた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン