新型コロナ再拡大 韓国の教訓
4万6000件検査・IT活用で第2波阻止、人権配慮が課題に

朝鮮半島ファイル
2020/5/15 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=鈴木壮太郎】新型コロナウイルスを封じ込めたかにみえた韓国で再びクラスター感染が発生した。当局は約2週間で約4万6千件という徹底した検査とIT(情報技術)を駆使した防疫システムで第2波への移行阻止へ総力を挙げる。一方、感染の舞台が性的少数者(LGBT)が集うクラブだったことで、人権への配慮という課題も浮き彫りになった。ITを駆使した韓国の対策とプライバシー保護という課題は第2波に身構える…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]