分散コンピューティング、コロナウイルス解析後押し
スパコン500基分、新薬開発に挑む

2020/5/18 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

個人や企業がパソコンの能力を持ち寄って膨大な計算をこなす「分散コンピューティング」が、新型コロナウイルス対策で脚光を浴びている。米大学などが進めるウイルスの構造解析プロジェクトには100万台分を超えるボランティアだけでなく、富士通や亀田製菓なども参加。世界のスーパーコンピューター上位500基の合計を超える計算能力を活用し、待望の新薬開発に挑む。

「計算能力が毎秒240京回に達した!」――。医療研…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]