愛知銀、小出会長が取締役退任

2020/5/15 19:00
保存
共有
印刷
その他

愛知銀行はこのほど、小出真市会長(80)が取締役を退任し、名誉会長に就くと発表した。同氏は1989年から20年間頭取を務め、09年以降は代表取締役会長として経営に携わってきた。本人から「2020年の創業110年の節目に退任したい」と申し出があったという。今後は銀行経営にはかかわらず、財界活動などに専念するという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]