コロナで働き方、学び方進化 男女平等進む機会に
出口治明・立命館アジア太平洋大学学長

2020/5/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が一斉休校を要請したのは2月末のこと。大学にとってこの時期は、学生の卒業判定や入学者の選抜、次年度のスケジュール策定などに追われる最も忙しい時期だ。学生の個人情報を扱うため、自宅に持ち帰って作業することも難しい。そこで職員に子育て世代が多い立命館アジア太平洋大学(APU)では、子連れ出勤を導入した。

窮余の策だったが意外にうまく機能した。子供同士で遊ぶようになり、親も安心して仕事ができる。も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]