東北各県、出口戦略を模索 緊急事態宣言解除受け

2020/5/15 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が東北でも解除されたことを受け、各県は「出口戦略」に本腰を入れ始めた。事業者への休業要請は全県で解除される見通しだが、新型コロナの収束と経済活動の両立に向けて、対応の難しさも浮かび上がっている。

秋田県はカラオケ店やスポーツクラブなどへの休業要請を解除した。県は他地域でクラスター(感染者集団)が発生した業種に対して休業要請期間を7日から14日まで延長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]