NHK、「大河」と「朝ドラ」一時放送休止

2020/5/15 12:23
保存
共有
印刷
その他

NHKは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、公開番組やイベントも5月末まで原則中止している

NHKは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、公開番組やイベントも5月末まで原則中止している

NHKは15日、大河ドラマ「麒麟がくる」と連続テレビ小説「エール」の放送を一時休止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため4月から収録を止めていた。大河ドラマは6月7日まで、連続テレビ小説は同27日まで放送したうえで休止に入る。放送を再開する時期は未定で、撮影が始まる状況を見極めながら決める。

大河ドラマと連続テレビ小説は出演者とスタッフの数が多く、作品の演出上対策に限界があるとして、4月1日から収録を見合わせていた。休止中に代わりに放送する番組については検討中。

NHKは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため公開番組やNHK施設で実施するイベントも5月末まで原則中止の措置をとっている。(藤井太郎)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]