/

京都・葵祭、神事のみ開催 行列は中止

京都三大祭りの一つ、葵祭が15日、京都市で開催され、下鴨神社(同市左京区)で関係者のみの神事を行った。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、最大の見せ場となる行列は中止した。

 葵祭の行列が中止となり、関係者のみの神事が行われた下鴨神社(15日午前、京都市)=共同

下鴨神社のひっそりとした境内で神事が行われ、勅使が紅色の紙に記された御祭文を読み上げた。神職が本殿にお供え物を納め、国家安寧と疫病退散を祈願した。

平安装束をまとったヒロインの「斎王代」ら約500人が王朝絵巻さながらに都大路を練り歩く行列が見せ場だが、例年多くの見物客が集まることもあり、3月に中止を決定。斎王代も選ばなかった。

葵祭は下鴨神社と上賀茂神社(同市北区)の例祭。6世紀の欽明天皇の時代に凶作が続き、五穀豊穣(ほうじょう)を祈ったのが始まりとされる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン