/

この記事は会員限定です

減収不安・低金利に揺らぎ… コロナ下の住宅ローン術

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大の影響が住宅ローン市場にも広がっている。住宅購入を下支えした低金利が一部で揺らぎ、景気の先行き不安と相まって新規借り入れの需要が減退する動きも出ている。一方、既にローン契約中の人も借り換えなどで知っておきたい注意点が増えている。コロナ禍の今、住宅ローンとどう向き合うべきか、最新事情を探った。

頼みの低金利に揺らぎ

「年初は金利が下がり、マンション買い替えの好機と思って物件を探していたが、コロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4288文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン