学徒兵、戦争の意味問う 「新編 特攻体験と戦後」を読む
アプローチ九州

2020/5/17 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

本書は、2人の特攻体験者の対談である。

島尾敏雄氏は「死の棘(とげ)」で知られる作家だが、特攻艇「震洋」の隊長として鹿児島・奄美の加計呂麻島で終戦を迎えている。戦後、南の地で図書館長や大学の講師も務めた。吉田満氏は、沖縄特攻作戦を行い撃沈された戦艦大和の士官で、終戦直後に「戦艦大和ノ最期」を著している。戦後は、日銀の銀行マンとして国家中枢の仕事をしている。

この対談が行われたのは1977年、鹿児…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]