1万人規模の抗体検査、来月にも実施 厚労相表明

2020/5/15 10:30
保存
共有
印刷
その他

検査の性能には問題がある可能性も(写真は新型コロナウイルスの抗体検査キット)=AP

検査の性能には問題がある可能性も(写真は新型コロナウイルスの抗体検査キット)=AP

加藤勝信厚生労働相は15日、閣議後の記者会見で新型コロナウイルスの感染歴の有無を調べる抗体検査を1万人規模で行うと表明した。早ければ来月から始める。4月に先行して実施した抗体検査では東京都で0.6%、東北6県で0.4%が陽性だったが、検査キットの性能に問題がある可能性もあり、評価が難しい。抗体保有状況を正確に調べるため大規模調査に乗り出す。

調査では抗体の有無だけでなく抗体量も調べる。経済活動の本格的再開に向けて、正確な感染状況の把握が急務だ。抗体検査は東京都や大阪府、沖縄県などが独自に実施する意向を示している。

厚労省は4月、海外で承認された検査キット4種類と検査試薬1種類の性能を評価するため東京、東北で抗体検査を実施した。日本赤十字社を通じて献血血液を検査した。

その結果、都内500人分のうち3人(0.6%)、東北6県500人分のうち2人(0.4%)が陽性だった。日赤が保有する流行前の昨年1~3月の関東・甲信越地域の500人分の血液でも2人(0.4%)が陽性だった。

流行前の検体からも陽性が出たことなどから専門家は「(検査結果が誤って陽性となる)偽陽性が含まれていると考えられる」と分析。今回の結果だけで検査キットの性能や抗体保有率を評価するのは適切でないとして、新たな大規模調査が必要と判断した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]