コロナ禍での学び保障 遠隔と対面、ハイブリッドで
工藤勇一・横浜創英中学・高校校長

2020/5/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響による休校が長期化し、オンライン授業などによる学びの保障が課題になっている。東京都千代田区立麹町中学校で学校改革を進め、現在は私立横浜創英中学・高校の校長を務める工藤勇一氏に現状を報告してもらった。

横浜創英中学・高等学校(横浜市)は中学6クラス、高校39クラス。部活動が盛んで、進学指導に力を入れる特進コースもある。生徒と教員の距離が近く、互いに学び合う校風だが、新型コロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]