東京ムーブメント

フォローする

IOC、東京五輪で857億円追加負担 バッハ会長表明

2020/5/15 3:42 (2020/5/15 4:53更新)
保存
共有
印刷
その他

【パリ=白石透冴】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は14日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い開催を1年延期した東京五輪・パラリンピックについて、8億ドル(約857億円)の追加負担を見込んでいると発表した。延期を巡っては、人件費などで大きな追加出費が発生すると指摘されていた。

オンライン形式のIOC理事会に出席したバッハ会長(14日、ローザンヌ)=IOC提供・共同

オンライン形式のIOC理事会に出席したバッハ会長(14日、ローザンヌ)=IOC提供・共同

14日の理事会後に電話会見した。内訳は6億5千万ドルが大会運営費、1億5千万ドルが影響を受ける国際競技連盟(IF)への支援などに充てるという。バッハ氏は「我々の側としては、8億ドルのコストを見込んでいる」と語った。

大会組織委員会や東京都の試算によると、延期に関わる費用は3千億円前後とされる。大会組織委員会はIOC側にも負担を求めているが、バッハ氏は日本とIOCとの分担については言及しなかった。

感染が収束しなければ、再度の延期を考えるかとの問いには「今後数カ月の進展による。結論を出すには早すぎる」などと応じた。ワクチンや治療薬が完成しない場合は、中止に追い込まれかねないとの懸念もある。

東京五輪はウイルス対策の経費もかさむ可能性がある。大会組織委は聖火リレーの日程短縮や関連イベントの規模縮小なども検討し、経費の膨張を防ごうとしている。都と組織委は競技会場の所有者やホテル側などとも交渉し、延期費用の確定作業を進めている。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
英アストラゼネカのワクチンは9月の実用化をめざすロイター

 加藤勝信厚生労働相は7日、英製薬大手アストラゼネカが開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンについて、1億2千万回分の供給を受けることで基本合意したと発表した。供給は2021年初めに始まり、3月 …続き (8/7)

安全点検のため一時的に撤去される五輪マークのモニュメント(6日午前、東京都港区のお台場海浜公園)=井上容撮影


 東京都立お台場海浜公園の海上に設置していた五輪マークのモニュメントが6日午前、撤去された。東京五輪・パラリンピックの延期に伴い、安全点検やメンテナンスを行う。再設置の時期について都の担当者は「点検後 …続き (8/6)

駐日米大使に指名されたケネス・ワインスタイン氏

 【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領が次の駐日大使に指名した保守系シンクタンク、ハドソン研究所所長のケネス・ワインスタイン氏(58)は5日、上院外交委員会の公聴会で証言した。「日米同盟の中でさらな …続き (8/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]