/

伊客船、5月末にも出航へ 感染乗員回復し初帰国

長崎市に停泊中のイタリア籍クルーズ船「コスタアトランチカ」で乗員の新型コロナウイルス感染が拡大した問題で、長崎県は14日、早ければ今月末にも、船が出航する見通しだと発表した。運航会社「コスタクルーズ」から県に連絡があった。同社が日程などを関係機関と調整する。

一方、県は再検査で陰性が確認された1人を含む乗員計2人が、新たに帰国の途に就いたと明らかにした。感染者の回復後の帰国は初めて。2人の国籍は非公表。帰国者は計287人となった。

県によると、船は長崎市香焼町の三菱重工業長崎造船所に停泊。最初に感染者が確認された4月20日時点の乗員は623人で、これまでに計149人の陽性が判明した。

再検査はコスタクルーズが長崎大に依頼。陰性となった乗員の下船を進める。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン