武田社長、コロナ治療薬「年内目標」 ワクチン連携も

2020/5/14 22:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は14日、日本経済新聞社の取材に応じ、開発している新型コロナウイルス感染症の治療薬について「(進捗次第では)年内にも患者に使ってもらえる」と述べ、早期の実用化に意欲を示した。臨床試験(治験)に使う薬の生産を始めており、7月にも米国や欧州、日本で治験に入る。ワクチン開発のプロジェクトに関わる方針も明らかにした。

武田は新型コロナ感染症から回復した患者から血液由…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]