サイバー銘柄がコロナ後の主役(藤田勉)
人生100年こわくない・地球株の歩き方

人生100年こわくない
株式投資
増やす
2020/5/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスがまん延し、世界は危機にある。しかし、人類には、戦争や疫病禍などの危機を糧に科学技術を発展させてきた歴史がある。

19世紀、世界的にコレラが大流行し、欧州では数百万人が亡くなった。しかし、これを契機として、細菌学や免疫学、医療技術が飛躍的に発展した。

■田園都市はコレラ禍から

ドイツの医者で細菌学者のロベルト・コッホは1882年に結核菌、1883年にコレラ菌を発見。日本勢も負けず…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]