/

ロイヤルHDの1~6月期、最終赤字155億円 ホテル苦戦

ロイヤルホールディングスは14日、2020年1~6月期の最終損益が155億円の赤字(前年同期は7億5400万円の黒字)になりそうだと発表した。同じ期間での赤字は9年ぶり。従来予想は5000万円の黒字だった。新型コロナウイルスの感染拡大でビジネスホテルやレストランの売り上げが落ち込む。20年12月期通期については従来予想を取り下げた。

20年1~6月期の売上高は前年同期比43%減の390億円と、従来予想を274億円下回る。営業損益は138億円の赤字(前年同期は16億円の黒字)を見込む。ホテル事業では4月の既存店売上高が前年同月比83%減となり、主力の「ロイヤルホスト」も58%減だった。東京などでの外出自粛の影響が続くとの予想を織り込んだ。21年末までに同社が運営する飲食店の約1割にあたる70店程度を閉じる。合計100億円の借入枠も設ける。

同日発表した20年1~3月期の連結決算の売上高は前年同期比17%減の279億円、最終損益は34億円の赤字(前年同期は3億500万円の黒字)だった。役員報酬も6月から7カ月間、10~30%減らす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン