/

この記事は会員限定です

マツダ、高級路線の副作用 新型コロナで増幅

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる景気悪化がマツダの経営戦略を直撃する。これまでの新型車で価格帯を引き上げたほか、高性能の新型エンジンを導入。大衆車と高級車の中間「サブプレミアム」へのシフトを狙ってきたが、消費者の購買力が低下する局面ではあだとなる可能性がある。世界各国では経済再開への兆しが見えはじめたが、コロナ後の道も険しい。

西日本のある大手販売会社では4月以降、小型車「マツダ3」の上位グレードや、多目的スポ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1334文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン