/

この記事は会員限定です

増える「カスハラ」、どう対処 専門家に聞く

[有料会員限定]

従業員に執拗にクレームをつけるカスタマーハラスメント(カスハラ)が深刻化している。新型コロナウイルス禍でもドラッグストアなどで散見された。カスハラを受けて心を病む従業員も多い。専門家に対処法を聞いた。

「発端は正義感 耳傾けて」池内裕美・関西大教授

――理不尽な要求をする人が目立っています。

「些細(ささい)なミスも許せず、客としての強い立場を利用して、店員を攻撃する人が増えている。過重労働やS...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1809文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン