増える「カスハラ」、どう対処 専門家に聞く

2020/5/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

従業員に執拗にクレームをつけるカスタマーハラスメント(カスハラ)が深刻化している。新型コロナウイルス禍でもドラッグストアなどで散見された。カスハラを受けて心を病む従業員も多い。専門家に対処法を聞いた。

■「発端は正義感 耳傾けて」池内裕美・関西大教授

――理不尽な要求をする人が目立っています。

「些細(ささい)なミスも許せず、客としての強い立場を利用して、店員を攻撃する人が増えている。過重労働やS…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]