最高薬価決定で浮かんだ制度の不備
経済部 牛込俊介

底流
経済
2020/5/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

乳幼児向けの難病治療薬「ゾルゲンスマ」が1億6707万円という国内最高の公定価格(薬価)で保険適用されることが決まった。超高額の薬価や、最先端の遺伝子技術を駆使した画期的な治療効果に注目が集まる。一方、米国での試験におけるデータへの疑義に端を発して、薬価制度の見直しにつながる"不備"もあぶりだされた。

「加算がつくのは極めて問題だ」。13日午前、Youtube上で開催された中央社会保険医療協議会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]