/

この記事は会員限定です

業態転換、事業承継...北海道の「食と観光」模索続く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で長引く外出自粛や旅行客の激減。「コロナ倒産」も相次ぐ厳しいなかで、食や観光関連の中小事業者の間では、業態転換などに取り組む動きが相次いでいる。目先の生き残りだけでなく、コロナ収束後のビジネス展開も見据え、道産子らしいチャレンジ精神で乗り切ろうとしている。

札幌市内でゲストハウス「オヤドサッポロ」を運営する奥田泰永代表は4月上旬以降、予約の受け付けを一時中止し、建物の1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り914文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン