/

重慶飯店、デリバリー開始、地元タクシー会社と連携

中華料理店などを手がける重慶飯店(横浜市)は、横浜中華街にある新館で、デリバリーサービスを期間限定で始めた。地元のタクシー会社と連携し、料理を届けてもらう。新型コロナウイルスの感染拡大により外出自粛を余儀なくされるなか、自宅で名店の味を楽しんでもらう狙いだ。

配送エリアは横浜市内で、6月末まで実施する。配送料金は同市中区の場合は2000円、西区・南区・保土ケ谷区は3000円、それ以外はメーター料金分とする。

エビチリやマーボー豆腐などレストランで提供するフードメニュー30品を用意する。利用者は、重慶飯店のホームページから注文して代金を事前決済したうえで、配送料金を運転手に支払う。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン