/

米投資ファンド、JR九州の反対に「遺憾」

JR九州の大株主となっている米投資ファンド、ファーツリー・パートナーズは14日、取締役の選任などの株主提案を、JR九州が反対していることに対し、「株主との対話を拒否したことに遺憾の意を表明する」と発表した。6月の株主総会に向けて、他の株主とも協議を進めるという。

ファーツリーは、不動産部門の収益情報の開示と、ファーツリーが選んだ3人の取締役の選任のを要望している。JR九州の青柳俊彦社長は11日の決算会見で「企業価値を理解していない」とし、反対する意向を示していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン