「半自粛」長期化、経済に重圧 個人消費の回復鈍く

2020/5/14 23:00 (2020/5/15 5:13更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が39県で緊急事態宣言を解除した後も新型コロナウイルスによる国内景気の下振れ圧力は当面続きそうだ。感染が再拡大するリスクはなお残り、大人数の集まりなどを避ける「半自粛」が長引くとみられる。東京と大阪の二大都市圏の宣言解除も未定だ。日本経済がコロナ危機前の水準に回復するには時間がかかるとの見方もある。

39県の県内総生産は2016年度時点で278兆円と日本全体の50.6%。東京、大阪など残り半…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]