「買収巧者」のエア・ウオーター、海外企業を狙う

2020/5/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

産業ガス大手のエア・ウォーターは、M&A(合併・買収)で増えた国内子会社を減らし、事業組織を再編する。日本経済新聞社のインタビューに応じた白井清司社長は「22年度までにホールディングス制に移行する」と述べた。

同社は国内の産業ガス市場で大陽日酸に次ぐ2位メーカー。国内市場は需要家の製造業の伸び悩みにより大幅な成長を見込めないため、M&Aによる多角化を進めてきた。

一方、19年に同業の独リンデや米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]