中国株の先行きに影 資金流入減の観測も

2020/5/14 18:11 (2020/5/14 19:06更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】米連邦職員向け年金基金の中国株への投資見送りは、中国株式相場の先行きに暗い影を落とす。新型コロナウイルスの感染拡大を受けても中国株が持ちこたえているのは、香港経由で中国株を売買できる「相互取引」が支えてきた面がある。米国に上場する中国企業が、香港や本土での上場を目指す動きも加速しそうだ。

「従来の計画でも中国株に回る金額は限られていた。だが他の投資家の心理的な重荷になりかねない」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]