/

この記事は会員限定です

総選挙惨敗の韓国野党、「沈没船で船長争い」

4年目の文在寅政権(4)

[有料会員限定]

4月15日の韓国総選挙で惨敗した保守系の未来統合党。再建を担う非常対策委員長に、元議員で韓国政界のフィクサーとして通る金鍾仁(キム・ジョンイン)を起用する人事を4月28日に決めた。任期は党大会を開く8月まで。ところが、金は直後に「期限付きなら引き受けない」と拒んでしまった。

落選した前代表の黄教安(ファン・ギョアン)ら旧執行部は金に無期限の任期を与えようとした。しかし、無所属で当選した元代表の洪準...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン