/

この記事は会員限定です

三菱商事、投資規律が生む「減益でも増配」

証券部 武田健太郎

[有料会員限定]

新型コロナウイルスまん延という逆風下で三菱商事が2021年3月期の増配に踏み切る。海外石油メジャーや国内の一部商社はすでに株主還元レースから離脱し、同社自身の業績見通しも不透明だ。それでも還元重視の姿勢を貫けるのは、過去の大型減損の経験を元に財務と稼ぐ力の両輪を鍛えてきたからだ。

8日に発表した20年3月期の連結純利益は5353億円と前の期比9%減にとどまったが、今期は「原油と銅の価格下落だけで最大100...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1405文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン