入国拒否対象100カ国・地域に 政府、メキシコなど追加

2020/5/14 22:00
保存
共有
印刷
その他

ウイルス検査の結果が出るまで、帰国者が待機する成田空港敷地内の会議室(3月29日)=共同

ウイルス検査の結果が出るまで、帰国者が待機する成田空港敷地内の会議室(3月29日)=共同

安倍晋三首相は14日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、新たにメキシコなど13カ国からの外国人の入国を原則拒否すると表明した。14日間以内に滞在歴がある外国人が対象となる。16日午前0時から運用を始める。入国拒否の対象は100カ国・地域に広がる。

帰国する日本人らには感染の有無を調べるPCR検査を実施する。

これまでは中国や米国、英国など87カ国・地域が対象だった。中南米とアフリカのそれぞれ5カ国とモルディブ、アゼルバイジャン、カザフスタンを追加する。

成田空港敷地内で帰国者を乗せる専用バスを準備する検疫官(左から3人目)ら(3月30日)=共同

成田空港敷地内で帰国者を乗せる専用バスを準備する検疫官(左から3人目)ら(3月30日)=共同

外務省は12日、この13カ国の新型コロナウイルスに関する感染症危険情報をレベル3「渡航中止勧告」に引き上げた。

政府はこれまでもレベル3を発出した国・地域について外国人の入国を原則拒否してきた。4月29日にはロシアやサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)など14カ国を加えた。

レベル3の国・地域に限らず全世界からの入国規制も続ける。発給済みの査証(ビザ)の効力を停止し、ビザ免除措置も凍結した。入国する場合は日本人も含め自宅やホテルで14日間の待機を要請する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]