東京メトロ、銀座と銀座一丁目が乗換駅に

2020/5/14 17:33
保存
共有
印刷
その他

東京メトロは14日、銀座線など3路線が通る「銀座駅」と有楽町線の「銀座一丁目駅」を乗換駅に指定すると発表した。銀座線の「虎ノ門駅」と日比谷線の「虎ノ門ヒルズ駅」も乗換駅とする。いずれも虎ノ門ヒルズ駅の開業日である6月6日から。一部の区間で乗車料金が安くなり、乗車ルートの短縮につながる。

改札外に出た場合、乗り換えと認める時間の制限も、これまでの30分以内から延長し、60分以内とする。

銀座駅と銀座一丁目駅は最も近い出入り口同士では地上を歩いて200メートルほどの距離しかない。利用者からは「乗換駅にしてほしい」という要望が多かったという。

東京メトロではほかにも、永田町駅と赤坂見附駅のように駅名が違っても乗り換え指定している駅が多数ある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]