/

この記事は会員限定です

所有者不明の土地、九州より広く 制度で登記促す

[有料会員限定]
 Q 所有者が分からない土地が増え、対策が必要だと聞きます。なぜ、土地の所有者が分からなくなってしまうのでしょうか。また、法律などで防ぐことはできないのですか。

A 登記簿などの情報を参照しても所有者が直ちに判明しなかったり、判明しても連絡がつかなかったりする土地を「所有者不明土地」といいます。いわゆる空き家の敷地も所有者が不明のことがよくあります。

所有者不明土地にはいくつかの問題があります。まず...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り843文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン