[FT]過剰債務のわなからどう脱するか

マーティン・ウルフ
FT commentators
2020/5/15 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1933年、当時の米連邦準備理事会(FRB)議長マリナー・エクルズは議会でこう証言した。「金持ちは可能な限り貯蓄しようとしてきたが、(恐慌となり富豪が所有する稼働していない工場や車両、閉鎖中の銀行など)もはや貯蓄する価値のあるものはない」と発言した。

債務は経済を脆弱にする。従って、この債務の罠(わな)からどう脱出するかが問題だ。この問題を解決するには、今日の世界経済がなぜこれほど債務に依存する…

FT commentators

チーフ・エコノミクス・コメンテーター

Martin Wolf 英国生まれ。経済政策の間違いが第2次世界大戦を招いたとの問題意識から経済に関心を持つ。世界銀行のエコノミストなどを経て87年にFT入社。一貫して経済問題を執筆。現在最も影響力のあるジャーナリストとされ、その論評、発言は各国の財務相や中央銀行総裁も注目するという。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

その他

電子版トップ



[PR]