バングラデシュ、貧困問題が再燃 新型コロナで
Nikkei Asian Reviewから

2020/5/14 16:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ダッカ=A・Z・M・アナス】新型コロナウイルスの感染拡大による経済の停滞で、バングラデシュの貧困問題が再燃している。主要産業である縫製品の輸出が停滞し、海外からの出稼ぎ労働者の送金も急減する。職を失った貧困層への食糧供給が急務となり、ハシナ首相の危機対応が問われている。

ハシナ政権が3月下旬に全国の75%にあたる地域でロックダウン(都市封鎖)に踏み切った結果、約1300万人が職を失った。政府は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]