EUが直面している第3の危機 唐鎌大輔氏
みずほ銀行 チーフマーケット・エコノミスト

私見卓見
2020/5/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス対応をめぐり、欧州連合(EU)がいつもの内輪もめに入っている。

今回のショックを緩和するには相当規模の財政・金融政策が必要だ。しかしEUでは各種財政協定の存在から、加盟国が意のままに予算を編成することができない。

金融政策では欧州中央銀行(ECB)が最大限の対応に努めており、イタリアを中心とする問題国の国債利回りが抑制されている。だが、単一通貨をつかさどる国際機関のECBが特定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]