/

この記事は会員限定です

コロナ再燃の韓国 追い詰められるLGBT

ソウル支局長 鈴木壮太郎

[有料会員限定]

新型コロナウイルスを封じ込めたかにみえた韓国で再びクラスター感染が発生し、社会は再び緊張を強めている。感染の舞台が性的少数者(LGBT)が集うクラブだったことで、性的少数者への風当たりが強まっている。家族や同僚への発覚を恐れて検査に応じない人々も多く、2次、3次感染が広がる悲劇が進行中だ。

ソウルの繁華街、梨泰院(イテウォン)。近くに米軍基地や外国人居住区があったことから、さまざま国籍の人々が集ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン