アマゾン、8型タブレット新モデル 上位機は無線充電

2020/5/14 18:00
保存
共有
印刷
その他

Fire HD 8新モデル(出所:アマゾンジャパン、以下同じ)

Fire HD 8新モデル(出所:アマゾンジャパン、以下同じ)

日経クロステック

米アマゾン・ドット・コムは13日、8インチディスプレーのタブレット端末「Fire HD 8」の新モデル3機種をグローバルで同時発表した。日本国内では発表と同時にアマゾンで予約販売を開始し、6月3日より出荷を開始する。

「Fire HD 8」新モデルはクアッドコアプロセッサーと2ギガバイトのメモリーを搭載し、処理速度が最大30%高速化した。ストレージ容量は倍増し、32ギガバイトと64ギガバイトの2モデル構成となった。最大1テラバイトのマイクロSDカードも利用できる。

HD解像度のディスプレーは10%明るくなった。バッテリー駆動時間は最大12時間。インターフェースとしてUSBタイプCを搭載し、Wi-FiはIEEE 802.11acに対応した。通知を表示せずゲームに集中できる「ゲームモード」を新たに搭載。本体カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3色を展開する。

フロントカメラの位置も変更した。本体を横向きにした状態でのビデオ通話を想定した。本体サイズは縦方向に12ミリメートル短くなり、横幅は9ミリメートル広がった。重量は363グラムから355グラムへと8グラム軽量化した。

上位モデルのFire HD 8 PLUS

上位モデルのFire HD 8 PLUS

上位モデルとして「Fire HD 8 PLUS」を発表した。Fire HD 8との違いとしてメモリーを3ギガバイトに増やし、Fireタブレットとして初めて「Qi(チー)」規格のワイヤレス(無線)充電に対応した。同こんの9ワット電源アダプターにより4時間でフル充電できる。本体カラーはスレートグレーとなっている。

別売の専用ワイヤレス充電スタンドを利用すると、タブレットを横向きに置くだけでスマートスピーカーのように使える「Showモード」が有効になる。ワイヤレス充電は2時間で80%、3時間でフル充電が可能としている。

Fire HD 8 キッズモデル

Fire HD 8 キッズモデル

親子で使えるモデルとして「Fire HD 8 キッズモデル」も発表した。Fire HD 8の新モデルをベースに、子ども向けコンテンツのサブスクリプション(継続課金)サービス「FreeTime Unlimited(フリータイム・アンリミテッド)」が1年間使い放題で、キッズカバーと2年間の限定保証が付属したモデルとなっている。

従来のキッズモデルと同様、子どもによる使い過ぎを防ぐペアレンタルコントロール機能を搭載。キッズカバーを取り外し、プロフィルを大人向けに切り替えることで、通常の「Fire HD 8」と同じフル機能を利用できる。

価格はFire HD 8が9980円(税込み、以下同じ)から、Fire HD 8 PLUSが1万1980円から、Fire HD 8キッズモデルが1万4980円。アマゾンのサイト以外では、ビックカメラヤマダ電機などの家電量販店で6月中旬以降に順次販売を開始する。

(ライター 山口健太)

[日経クロステック 2020年5月14日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]