家ごもりあるある 写真家 長島有里枝

エッセー
2020/5/21 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

普段から、キッチンを仕事の拠点としている。だからこの原稿ももれなく、窓のそばのダイニングテーブルで書いている。四辺のうち、ガスコンロが最もよく見える席が定位置だ。そこでコーヒーの湯を沸かす薬缶(やかん)や、おかずの入った鍋の火加減を見張りながら仕事をする。

話しかけてもまったく聞いてない、とGはわたしの集中力に感心する。いったん保留にしているだけで、聞こえてないわけじゃない。その証拠に、十数分経…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]