ウイルス除去装置を販売 大分のTMH、コロナ予防で

2020/5/14 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

半導体製造装置保守のスタートアップ、TMH(大分市)はウイルス除去装置の国内販売を近く始める。同社が日本での総代理店になっているシンガポールのエンジニアリング会社が新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて開発した。工場のほか医療機関、空港、公共施設、ホテル、店舗など幅広い場所での利用を見込む。

販売する「Hygieiaシリーズ」は、Swiss Ranks(シンガポール)の製品。ごみの除去や液…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]