/

この記事は会員限定です

コロナ対策で条件緩和 住宅ローン特例、本当に得?

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大を受けた政府の経済対策で住宅ローン減税特例を受ける条件の緩和が決まった。通常より3年長い13年間の減税措置を受けるには2020年末までに入居する必要があったが、一定の期日までに契約すれば21年末までの入居で適用される。ただし住宅ローン金利や住宅価格の動向によっては得とは限らないケースがあるなど注意点も多い。

入居期限を1年延長

「これから戸建て住宅の資金プランを練っても間に合いそう」。都内に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1600文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン