/

茂木外相「途上国支援やワクチン開発進める」 日経SDGsフォーラム

茂木敏充外相は14日、オンラインで開いた「日経SDGsフォーラムシンポジウム」にビデオメッセージを寄せた。新型コロナウイルス対応を巡り「医療体制が脆弱なアジア、アフリカの途上国支援やワクチン・治療薬開発のための国際連携を進めたい」と述べた。

新型コロナの克服を通じて「政治、経済、日常生活、医療など様々な分野で前向きな変化が生まれることを期待する」とも強調した。「重要になるのがSDGs(持続可能な開発目標)が掲げる『誰一人取り残さない』という考え方だ」と指摘した。

技術革新や新たな生活様式を実現し「新しい社会常識、ニューノーマル(新常態)を確立していきたい」とも語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン