/

この記事は会員限定です

「出すぎる杭」世界を駆ける 国際協力銀行総裁

前田匡史さん(人間発見・上)

[有料会員限定]
ホワイトハウスに現れたと思ったら中国政府の中枢、中南海で要人と会う。国際協力銀行(JBIC)で初の生え抜きのトップ、前田匡史総裁は神出鬼没だ。民主党政権に仕えながら安倍晋三政権でも世界に広がる人脈を頼りにされ、重要な外交行事で存在がちらつくことも多い。「出すぎる杭(くい)」と言われた異能の国際金融マンを駆り立てるのは何か――。

昨年度の海外出張は15カ国へ計116日。年の3分の1は海外にいます。直...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3386文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン