/

この記事は会員限定です

自動車部品に「6月危機」 中小の資金繰り限界

コロナ危機・産業断面図(3)自動車部品

[有料会員限定]

大阪府北部にある従業員40人の自動車部品工場。1月までは20台あるプレス機などがフル稼働してエンジン用の金属部品を造っていたが、今動いているのは半分以下だ。

新型コロナウイルスの感染拡大で自動車大手の工場が相次ぎ停止し、2次や3次で下請けするこの企業の受注も4月は前年同月比2割、5月は4割それぞれ減った。社長は「6月以降も少なければ資金繰りがショートする」とため息をつく。

「6月の注文は半減し、そ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り890文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン