企業救済へ資本注入 劣後ローン・優先株で迅速に
政府、2次補正で検討

2020/5/13 22:10 (2020/5/14 5:14更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大企業と中堅企業を救済する新たな仕組みを設ける。日本政策投資銀行などが劣後ローンや議決権を持たない優先株を使って資本支援をする。企業が利用しやすい制度をあらかじめ設け、苦境に陥った企業を素早く支援できるようにする。

今月下旬にも編成する2020年度第2次補正予算案や財政投融資計画に必要な資金を盛り込む。大企業支援を巡る自民党や公明党の議論を踏まえて詳細を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]