解除目安「10万人に週0.5人以下」8都道府県未達
検査態勢など総合判断

2020/5/13 23:00 (2020/5/14 5:32更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は14日、専門家会議が作成した基準をもとに、緊急事態宣言を解除する都道府県を選定する。基準の原案によると、解除の目安の一つが「10万人当たりの1週間の感染者が0.5人以下」だ。直近の状況で試算すると東京や大阪など8都道府県が満たしていない。ただ、解除対象はこれ以外の要素も含めた総合判断で決まる見通しだ。

2019年10月時点の人口推計と日本経済新聞の感染者集計データを基に47都道府県を分析す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]