緊急事態宣言、39県を解除へ 14日に決定
特定警戒5県含む

2020/5/13 21:38 (2020/5/14 5:19更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は14日、新型コロナウイルスに関する対策本部を開き、緊急事態宣言の解除を決定する。新型コロナに重点的に対応する13の特定警戒都道府県のうち茨城、岐阜、愛知、石川、福岡の5県と、特定警戒ではない34県を宣言の対象から外す方針だ。東京都、大阪府、北海道などは引き続き特定警戒に指定する。

14日午前に専門家会議を開き、各地の感染状況を分析する。宣言の範囲の案を諮問委員会に諮り、諮問委が妥当と評価す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]