/

この記事は会員限定です

大阪府、基準達成「あと1日」 14日に要請解除判断

院内感染、死者増に警戒

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業や外出自粛の要請について、大阪府は13日、当初予定より1日早い14日に段階的解除の可否を判断すると決めた。判断に使う3つの独自基準は13日まで6日連続で達成。条件とする「7日連続」にあと1日と迫り、解除に踏み切る公算が大きくなった。一方で高齢者の院内感染が相次ぎ、死亡率は上昇。専門家は「自粛解除後も警戒を緩めないで」と呼びかけている。

「市中の感染は減少傾向に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1176文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン