「強行採決なら退席」 自民・泉田氏、検察官定年で

2020/5/13 20:42
保存
共有
印刷
その他

自民党の泉田裕彦衆院議員(新潟5区)は13日、検察官の定年延長を含む国家公務員法改正案の衆院内閣委員会採決に関し、自身のツイッターに「与党の理事に強行採決なら退席する旨伝えました」と投稿し、審議を尽くすよう求めた。泉田氏は内閣委所属。この後の投稿で、内閣委を外されることになったと明かした。

これに関し、自民党の森山裕国対委員長は記者団に「委員の差し替えはしょっちゅうある」と説明。立憲民主党の枝野幸男代表は泉田氏の投稿を引用する形で「与党の中でこのような発言をすること自体、非常に勇気がいると想像します」とツイートした。

泉田氏は投稿で、改正案について「争点があり、国民のコンセンサスは形成されていない。審議を尽くすことが重要であり、強行採決は自殺行為だ」と強調した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]