休業者に賃金の8割直接給付 厚労省方針、支援迅速に

2020/5/14 1:00 (2020/5/14 5:22更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

緊急事態宣言が延長され、臨時休業が続く店舗が軒を連ねる銀座(10日、東京都中央区)

緊急事態宣言が延長され、臨時休業が続く店舗が軒を連ねる銀座(10日、東京都中央区)

厚生労働省は13日、休業者に月額賃金の8割程度を直接給付する方針を固めた。上限額は月33万円程度で調整する。雇用調整助成金を申請していない中小企業の従業員を対象とする。企業が申請する手続きの煩雑な雇用調整助成金を通してよりも、休業者を迅速に支援できるようにする。

関連法案を今国会に提出し、成立次第、給付を始める。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた雇用保険の特例制度として設ける。2011年の東日本大震災の際に被災地で導入した「みなし失業」と呼ぶ仕組みを参考に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]