/

個人情報約6万件が流出 アイ・オー・データ

電子機器メーカーのアイ・オー・データ機器は13日、同社の法人向けクラウドサービスに関わるサーバーが外部からの不正アクセスを受け、サービス利用者の個人情報約6万件が流出したと発表した。氏名や住所、電話番号、会社名などが含まれる。流出に伴う被害は報告されていないという。

不正アクセスを受けたのは、インターネットを通じてハードディスクドライブ(HDD)を遠隔管理するクラウドサービスのサーバー。社員が7日に不正アクセスを確認し、8日から外部機関と調査を進めていた。

流出した情報には、メールアドレス、会社の部署も入っていた。ほかにも情報が流出していないか調べている。

同社によると、サーバーのセキュリティー対策が不十分だったことが不正アクセスにつながった。利用者に対しては電話やメールで謝罪している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン